MENU

3列シートSUV マツダ新型CX-8

3列シートsuv

 

マツダが最後のミニバンである「ビアンテ」の生産から撤退した後に、多人数乗車モデルとして3列シートSUVのCX-8をデビューさせました。

 

ミニバンじゃなくても6人以上をのせることができ、3世代同居の家族にもクルマの選択肢が増えた、と感じているユーザーも多いのではないでしょうか? 

 

 

 


なぜ、月平均3,000台もCX-8が売れているのでしょう?   cx-8 販売台数

 

それは、300万円台で購入できて、3列目シートもガッツリ座れて、そのくせ走りもなかなか良いという要素を兼ね備えているSUVがなかったからでしょうね。

 

 

国産SUV 3列シート車

 

〇トヨタからはランドクルーザー&プラド、

 

〇レクサスからは「RX」の3列シート仕様。

 

〇日産からはエクストレイル&ジューク、

 

〇三菱自動車からはアウトランダー&パジェロ

 

これくらいしかなかったところ、マツダの「cx-8」 は久しぶりのニューモデルとしてデビューになりました。

 

 

 

これからの時代はミニバンより3列シートSUVに変わっていくのかといえば、そこはなかなか簡単にはいかないのではないだろうか。

 

 

 

多人数乗車のSUVは、ほぼ大柄なボディとなってしまう。

 

日本国内では超大型ボディ車はそうそう売れませんからね。

 


 

 

 

日産エクストレイルと三菱アウトランダーは全長4.7mとなっていますが、SUVカーはボディサイズの余裕によって3列目シートを設置している例がほとんどで、そうなると車格も、価格もガーンと上がってしまう。

 

 

3列目シートの余裕スペース

 

同じレベルの車格のクルマで比較すると、乗車人数は同じであってもミニバンのほうが、3列目において頭上クリアランスや足もとのスペースに余裕があります。

 

CX-8の3列目のスペースも実用的ですが、ヴォクシーのような5ナンバーサイズのミニバンのような広さがあるわけではありません。

 

また、トヨタシエンタのような全長4.3m未満のコンパクトタイプのミニバンのような取り回しやすく7人が乗れるというニーズをSUVで実現するのはちょっと厳しいでしょう。

 

とはいえ、家族構成などから3列シートであることが絶対条件というユーザーにとっては、ミニバンだけでなくSUVという選択肢が増える事は幸せ事ですね。

 

 

マツダディーラーへ行く前に、必ず愛車の一括査定を!



 マツダのディーラーへ行く前に!!

 まずは愛車の売却相場を知らないと・・・
 愛車の下取り額に対して正しい判断が出来ず、損をする可能性があります!



 だから!!
 「車査定比較.com」 等のネット一括査定サービスで愛車の売却相場を知って下さい。



このように 査定額の差が52万円となったケースも実際にあります!